2019年の祝日・休日にご用心【平成さんありがとう! 新時代さんいらっしゃーい!】

Pocket

こんにちは、松鷹守です。

今は2019年3月上旬。『平成』時代もあと2ヵ月を切ってしまいました!

〃平成さん〃が静かに去っていこうとしています。ステージの中央にそっとマイクを置いて、舞台袖へと消えていった山口百恵ちゃんのように……

今年(平成31年)4月30日今上天皇(きんじょうてんのう=現天皇)が退位されます。そして翌日の5月1日には、現在の皇太子が次の天皇(新天皇)に即位。

こうした天皇の代替わりにともない、今年は祝日や休日がややこしいことになっています。

私たちの手元にあるカレンダーはそれらを反映していませんから(今年のカレンダーが作られたのは政府が正式決定する前だったため)、大人として恥をかかぬよう、ここできちんと確認しておきましょう。

■「5月1日」と「10月22日」

2018年(平成30年)12月14日、「天皇の即位の日および即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」が公布されました。

2019年に限り、新天皇の「即位の日」である「5月1日」と、「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」が行われる「10月22日」が休日になりました。

内閣府のホームページを見ると、「これらの休日は国民の祝日扱いとなる」とあります。祝日ですから、4月から5月にかけての暦は次のようになります。


【4月29日】 昭和の日(祝日)

【5月1日】 即位の日(祝日扱いの休日)

【5月3日】 憲法記念日(祝日)

⇒前日と翌日が祝日なので、【4月30日】と【5月2日】は休日


これは「国民の祝日に関する法律」に「その前日及び翌日が国民の祝日である日は、休日とする」という定めがあるから。祝日にはさまれた日は、オセロゲームみたいに自動的に休日になるんですね。

とても素敵な法律だと思います。

さて、4月29日(月)~5月3日(金)がオール休みになりました。4月27・28日は土日、5月4・5日も土日、5月6日は振替休日なので、仕事が土日も休みの人は、ゴールデンウイークが「夢の10連休」になるというわけです。

ワクワクするなあ。

ちなみに10月22日も「祝日扱いの休日」ですが、火曜日。前後に祝日がないので、さらに休日が増えることはありません。

■「祝日」と「休日」

「祝日」「休日」という言葉が出てきました。そもそも、この2つはどう違うのでしょう?


【祝日】……年に16日ある。

国民の祝日に関する法律」に定められた「国民の祝日」のこと。

「元日(1月1日)」「こどもの日(5月5日)」「文化の日(11月3日)」など。


【休日】……不定期に発生する。次の2種類がある。

①国民の祝日が日曜日であるとき、その日以後の最初の平日を休みとする、いわゆる「振替休日」。

②国民の祝日にはさまれて「休日」となった日。


つまり、

カレンダーの赤色で示された休日(日曜日はのぞく)のうち、「国民の祝日」以外の日は「休日」

ということになります。

私たちは普段、休日をすべて「祝日」と呼んでしまうことが多いですが、厳密に言うと別物なんですね。

■日曜日の立場もどうかわかっていただきたい

ところで「」って、カレンダー上は赤色で書かれていますよね。

では日曜日を「休日」と呼んでいいのかというと、そうではないようです。

なぜなら、前述の「国民の祝日に関する法律」に、日曜日についての記述がないから。なので、少なくとも「国民の祝日」「振替休日」「国民の祝日にはさまれたときの休日」と同じレベルの休日とは言えません。

〃国が定めた休日〃〃国民共通の休日〃ではないんですね。

私たちの中に「日曜日=休日」という認識が強いのは、官公庁・金融機関・学校などが日曜を休日としているから。また民間企業も、日曜に休むのが一般的だから。

でも「日曜日は営業、他の曜日を休日」としている会社も少なくありません。社会人の場合、そういう会社に勤める人にとっては「日曜日=休日」ではないわけです。

日曜日を赤で表記するのは、〃国民全員じゃないけど、ほとんどの人にとっては仕事休みなので〃ということなんでしょう。

■「即位の日」「即位礼正殿の儀の行われる日」って、それぞれ何をするの?

新天皇が〃即位した(皇位を継承した)〃ことを国の内外に示す一連の国事行為を「即位の礼(即位礼)=そくいのれい・そくいれい」といいます。

政府は今年行われる一連の儀式(国事行為)として、次の5つを定めました。


剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)】

天皇家に代々伝わる「三種の神器=さんしゅのじんぎ」すなわち「剣・玉・鏡」のうち、剣(天叢雲剣=あめのむらくものつるぎ)璽(八尺瓊勾玉=やさかにのまがたま)を新天皇が受け継ぐ儀式。

即位後朝見の儀(そくいごちょうけんのぎ)】

新天皇が、即位後初めて「三権の長」など国民を代表する人々にお言葉を述べる行為。

即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)】

新天皇が、即位したことを国の内外に宣言する行為。

【祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)】

即位礼正殿の儀のあと、新天皇が国民に即位を披露し、祝福を受けられる行為。いわゆる〃祝賀パレード〃

(※車はTOYOTAの「センチュリー」に決まりましたね)

【饗宴の儀(きょうえんのぎ)】

国民の代表や外国の賓客を招いて行う祝宴。

10月22日・25日着席形式29日・31日立食形式で計4回開催する。

(※前回は7回でしたが、式典の簡素化・皇族の負担軽減のため回数が減らされました。)


上記の日程は次のとおり。

①②⇒「即位の日(5月1日)」に行う。

③④⇒「即位礼正殿の儀の行われる日(10月22日)」に行う。

⑤⇒10月22~31日のうち4日間かけて行う。


なお、〈即位の礼〉における一連の儀式ではありませんが、新天皇は即位後に皇室行事として「大嘗祭(だいじょうさい)」を行います。

天皇は毎年11月、その年にとれた新米などの穀物を神にささげ、自らも召し上がって収穫を感謝し祝います。これを新嘗祭(にいなめさい)」というのですが、天皇が即位後に初めて行う「新嘗祭」を特に「大嘗祭」と呼びます。


以上、今年の祝日・休日と、新天皇即位に関するセレモニーを簡単にまとめてみました。

これで5月1日や10月22日は、祝日としての〃特別な意味〃をしみじみ感じながら、厳かな気持ちで過ごせそうです。

休みなのに会社行っちゃったり、平日(12月23日)なのに休んじゃったりすることもないでしょう(たぶん)。

皆さんもどうぞお気をつけ下さい。

ところで、新元号4月1日に発表されます。いったい次が「何時代」になるのか、楽しみですね。

では、〈ゆるやかな惑星〉でまたお会いしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする